神社からのお知らせ
画像をクリックすると拡大表示致します。

前ページ TOPページ 次ページ
HOMEページ


2024/04/11

市原稲荷神社春祭り

【例祭(れいさい)】
●日時 5月1日(水) 午前11時〜
●場所 市原稲荷神社

市原神社の大神様がこの地に鎮座されたことに由来する1年に1度の大祭です。
氏子区域内の各町の役員を始め町内世話人・県議・市議・区域内小学校校長・崇敬者・厄年会・来賓・氏子総代等をお迎えして、この目出度き日をお祝い申し上げ、国家安泰・地域平和と安全・万民の幸福を祈願致します。
大勢の方々にお参り戴くことが、常にお護り戴いていることに対しての大切な感謝の気持ちであります。
古来より続く厳かな祭典を一目ご覧戴き、ご一緒にお参り下さい。


【鎮守の杜のコンサート】
●日時 5月3日(金) 午後2時30分〜
●場所 市原稲荷神社 神楽殿

『鎮守の杜のコンサート』平成16年より大祭の中日の余興として実施され始めた行事です。令和元年に竣功された神楽殿にステージを設け、雅楽・お神楽等、神社ながらの楽曲と地域の皆様の演奏を新緑萌ゆる境内にて、春祭りを盛り上げるコンサートをお楽しみ下さい。
◎観覧無料、ご家族・ご友人をお誘い合せの上、気軽にお越し下さい。

【神幸祭(しんこうさい)】
●日時 5月5日(日)こどもの日 午前10時30分〜(雨天中止)
●場所 市原稲荷神社 〜 秋葉社

神輿(みこし)に神様の御霊を乗せ、氏子区域を練り歩くお祭りを「神幸祭(しんこうさい)」又「神輿渡御祭(みこしとぎょさい)」といっております。
厄年会が中心に神輿をかつぎ、氏子区域を練り歩き、到着地である市原稲荷神社へと帰ります。また、神輿渡御の後、神賑行事として各町内世話人奉仕による「大餅投げ」を行います。是非ご覧戴き、あわせてお参り下さい。

10時30分  出御祭(しゅつぎょさい)
 ・・・神輿が市原神社から御旅所である銀座にある秋葉社に出発する祭典。

正午頃    御旅所祭(おたびしょさい)
  ・・・神輿が一休みする秋葉社にて行う祭典。

14時過ぎ  市原稲荷神社参入 還幸祭(かんこうさい)
  ・・・秋葉社から無事に神輿が戻り、再びお鎮まり戴く祭典。
      ※状況により還幸祭の時間が前後する場合もあります。
15時    大餅投げ1回目
15時30分 大餅投げ2回目
※大餅投げは町内世話人・厄年会により実施され、豪華景品を用意してあります。


神輿渡御コース図







2024/04/11

春祭り期間中≪通常祈祷受付制限のお知らせ≫

5月1日及び5日は市原稲荷神社の春祭りでございます。
この例祭期間中は神社の祭典や行事等により、時間帯によっては通常のご祈祷(初宮詣や交通安全祈願など)の受付をすることができません。

〔ご祈祷を行っている時間〕
5月1日 13時〜17時
5月5日

11時〜12時30分と15時〜17時

※準備出来次第のご案内ですので、多少の待ち時間がある場合は御座います。
※例年当日は駐車場が一杯になる事があります。

大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、悪しからずご了承下さい。





2024/03/04

児童安全祈願祭









2024/03/04

初午祭(はつうまさい)

全国の稲荷神社において『初午祭(はつうまさい)』は大変重要な祭典とされています。

稲荷神社の親神様と崇めまつる京都・伏見稲荷大社の御祭神『宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)』が和銅4年(711)2月初午の日に彼の地に御鎮座されたことに由来し、この目出度き吉日をお祝い申し上げます。

一般民衆の神様として親しまれている『お稲荷さん』、時は移れども毎年この初午の日は縁起の良い日とされ、『福参り』と称してお祝いの為に多くの人々がお参りに訪れ、商売繁盛・家内安全を祈願致します。

当社では、旧暦の初午の日を吉日と定めており、合せて『湯立神事』を執り行っております。釜より立ち昇る蒸気を全身に浴び、無病息災・身体健全を祈願します。特に身重の妊婦の方に安産のご加護があるといわれております。

お祝い行事として『振る舞い』のお楽しみもございますので、ご家族・ご友人をお誘い合せの上お越し下さい。また、初午祭に合せて家内安全・商売繁盛・開運招福を祈願した『初午祭御札』をお分け致します。

ご祈祷初穂料・・・2,000円

● 「ご祈祷」をお受け戴いた方には「御札」と共に色々な景品の当たる『福引』もございます。御札・福引券は当日にもお渡ししますが、数に限りがありますので、ご希望されます方はなるべく事前に電話、又は神社社務所までお越し下さい。福引券は当日限り有効です。

【日  時】

令和6年3月19日(火)午後2時〜
 


午後2時より 『初午祭』引き続き 『湯立神事』
上記祭典終了次第 『福引大会』『振る舞い』

※ 福引大会以外はどなたでも無料で参列・参加できます。



市原稲荷神社社務所
刈谷市司町8−52
TEL・FAX 0566―21―1755





2024/03/04

一心泣き相撲

令和6年6月29日(土) 第10回『一心泣き相撲』刈谷場所 開催!

「泣き相撲」とは赤ちゃんの健康と成長を祈願する日本の伝統行事で、赤子の泣き声が邪気を祓った故事に由来し現在でも縁起のいい催しとして行われています。
抱っこされた赤ちゃんが相対し、元気な泣き声を競うものです。
地域によっては勝敗をつけるところもありますが、本来はその元気な泣き声を神様に届け、成育の感謝を申し上げるとともに、更なる御加護を受けて健やかなる成長を祈る神事です。

また「泣く子は育つ」という言葉があるように、昔から赤ちゃんが泣くことは元気な証拠とされ、医学的にも心肺機能を発達させ健やかな成長に大切な働きがあるとされています。
特に当社市原稲荷神社は三河地方では数少ない「稲荷神社」として、稲穂が伸びゆくように心身ともに健やかなるご成長と、実りある将来の幸福を日々ご祈願しております。

この機会にご神前にてお子様の更なる成長とご多幸をお祈り戴き、ご家族・お友達お揃いになってご参加ください。


開催要項
【日 時】 令和6年6月29日(土)
午前9時30分〜  雨天決行
【場 所】 市原稲荷神社 境内一円
【内 容】 ご神前でご祈祷後、順番に特設土俵上にて、その泣き声を披露して戴きます。
その他、「赤ちゃん手形」「背伸び太鼓」等の行事も随時行っており、全てまわると1時間ほどかかります。
【参加対象】 首のすわった生後6か月から2歳半の赤ちゃん
(性別は問いません)
【参加祈祷料】 お一人 15,000円
(祈祷料・お守り・記念品等すべて含む)
【その他】 参加・見学はどなたでも自由にご覧戴けます。特別な持ち物は必要ありません。時節柄、水分補給等の飲み物はご持参下さい。



*申し込み方法
https://www.nakisumo.jp
上記WEB公式サイトの「刈谷場所」から申し込みフォームにて必要事項を入力し、送信してください。その際、赤ちゃんの四股名(しこな)を入力戴きますのでご検討下さい。四股名は記念品のカブト・手形・赤ちゃん番付に名入れします。また、土俵に上がる際に読み上げます。四股名は本名でも結構です。(参加費は当日お持ちください。)


先着100名限定
申し込み締め切り 令和6年6月27日
※申し込み後、お子様の体調不良等の不参加の場合でも、特にキャンセル料はありません。
※混雑緩和の為、受付開始時間を30分毎に区切っております。

受付時間(3月1日現在)
A:9:30〜
B:10:00〜(受付終了)
C:10:30〜(受付終了)
D:11:00〜(受付終了)
E:11:30〜
F:12:00〜
G:12:30〜
H:13:00〜

※受付は記載の30分前から行っています。余裕を持ってお越し下さい。

【主催】一心泣き相撲実行委員会
兵庫県神戸市北区有馬町1908 湯泉神社内
 一心泣き相撲事務局 078-903-5488
 https://www.nakisumo.jp 「一心泣き相撲」で検索!
行事の様子・内容等はHPにてご確認戴けます。

 



2023/12/15

厄除大祭 豆まき『福女』『福男』募集

当社では、2月立春を迎えるに当たり、その年《厄年》を迎えられる方々を対象とした『厄除大祭』を斎行致しております。又、祭典後には『福女』『福男』の皆様による『豆まき』を実施する予定です。
つきましては、下記要項にて本年の『福女』『福男』にご奉仕戴く方々を広く募集致します。本年の《厄》を祓うべく、「鬼はそと!福はうち!」の声と共に「福豆」をまき、厄落としをして戴きたいと存じます。同級生等お誘い合わせ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

市原稲荷神社

◆◆◆当日の日程◆◆◆

【日  時】
令和6年1月28日(日)午後1時〜(午後0時30分社務所集合)

【内  容】

事前に申し込み戴いた厄男・厄女・還暦の方々を対象に、ご神前で「厄除大祭」を斎行致します。お祓いを受けた方々は、福男・福女となり境内に設置した「特設やぐら」の壇上から「豆まき」を実施致します。(人数の都合により2〜3回に分ける場合があります)
豆まき終了後、福男・福女は参拝者に「甘酒」「ぜんざい」「豚汁」を振舞って戴きます。(振る舞い物は神社にて用意します。ご自身も召し上がって戴きます)振る舞い終了後、お下がりの記念品を戴いて終了致します。

【スケジュール】
午後0時30分 集合・受付(社務所)
午後1時 「厄除大祭」参列
午後2時 「豆まき」(1回目)
「豆まき」(2回目)
※参加者多数の場合、3回目を行います。
午後3時 振舞い
午後3時半 終了(お下がりの記念品をお受け戴きます)


【参加対象】
令和6年男女共に厄年(前厄・本厄・後厄)、還暦の歳に当たる方

  前厄 本厄 後厄
男性 平成13年生
24歳
平成12年生
25歳
平成11年生
26歳
  昭和59年生
41歳
昭和58年生
42歳
昭和57年生
43歳
女性 平成19年生
18歳
平成18年生
19歳
平成17年生
20歳
  平成5年生
32歳
平成4年生
33歳
平成3年生
34歳
  平成元年生
36歳
昭和63年生
37歳
昭和62年生
38歳
還暦
(男女共に)
昭和39年生
61歳

※全て数え年


【祈祷料】

お1人6,000円 (祈祷料・お下がり・振る舞い代含む)

【申込み・締切】

申込書に必要事項をご記入戴き、参加費を添えて神社社務所に提出下さい。
令和6年1月24日まで。先着60名限り。
※申込書は社務所に用意しています。

【備考】

・参加の際、服装は自由です。但し神社からの貸し出し衣裳を着て戴きます。
・豆まきの参列・振る舞いの参加は無料です。ご家族、ご友人等、ご一緒にご参加下さい。
・マスクの着用をお願いします。

【問い合わせ先】

市原稲荷神社社務所
刈谷市司町8−52
TEL・FAX 0566―21―1755





2023/12/15

初詣交通規制について

初詣参拝者の安全確保の為、大晦日の夜10時より翌朝7時までの間、「喜泉さんから境内東側出入り口」の間、車両通行止めとさせて戴きます。詳しくは下図(赤色の区域)にてご確認ください。
また、1日〜3日まで、関興業さんの駐車場とアイシングループさんの駐車場を臨時駐車場として借用しておりますので、参拝の際にはこちらもご利用下さい。


※  1月1日〜3日 午前9時〜午後4時迄
(午後4時には施錠致します。ご注意下さい。)


※利用時間外は 駐車場を施錠致しますので車が出せなくなります。
時間を厳守戴きますようお願い致します。

交通規制



2023/12/04

第19回 鎮守の杜のコンサート 出演者募集!!

第19回 鎮守の杜のコンサートの出演者を募集します

コンサート期日: 2024年5月3日(金・祝)
◇申し込み締め切り:2024年2月15日
◇参加費無料
◇学生大歓迎!自分の実力を試したい方大歓迎!

※定員数に限りがあります。出演者は選考の上、神社一任となりますのでご了承ください。

お申し込みは、開催要領に記載の必要項目を記入の上、HPお問い合わせフォームまたはFAXでお願いいたします。
TEL&FAX:0566−21−1755

下記PDFの開催要領、応募条件などをよくご覧の上、奮ってご応募ください。


参加者募集リーフレット





2023/10/09

注連縄作りのお手伝いさん募集!!

令和5年11月27日(月)〜29日(水)
注連縄作りのお手伝いさん募集!!

市原稲荷神社境内一円の注連縄を一緒に作ってみませんか?
皆さんで作られた注連縄は1年間神社に飾られます。
尚、しっかりお手伝いされた方には、ご自宅新年用の注連縄もお作り戴けます!
例年とは変わり、注連縄はお1人1体となりますので、ご家族、ご近所、ご友人とお誘い合わせの上、ご参加下さい!
人数に限りがございますので、早めのお申込みをオススメ致します。
参拝の折り、または電話にてお申込み下さい。
皆さんのご参加お待ちしております!

注連縄作りのお手伝いさん募集!!




2023/09/20

七五三詣ご案内


 3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が晴れ着を着て、家族そろって神社にお参りすることを七五三詣と称します。神様の前で今まで無事に過ごしてきたことを感謝し、今後もお子様が健やかに成長することをお祈り致します。
本来七五三の日は11月15日ではございますが、混雑を避ける為に9月末日から12月末日頃まで、期間を広めて御祈祷を行っておりますのでご参拝下さい。

数え年3歳 令和3年生まれ男子・女子
数え年5歳 平成31年生まれ男子
数え年7歳 平成29年生まれ女子

◎ 午前9時〜午後5時(常時受付・予約不要)
◎ ご祈祷初穂料・・・お1人 7,000円

◎ ご祈祷を受けられたお子様には、御守・神矢・千歳飴・参拝記念品等をお渡し致します。

≪ 七五三のご祈祷について ≫

◆当日の混雑状況により付添の方は1家族につき、原則両親と兄弟迄のご案内となります。
◆1度に受けられる、御祈祷の組数を制限させて戴く場合がございます。
それに伴い、時間帯によってはお待ち戴く場合もございます。
お時間に余裕をもってご来社下さい。
◆七五三詣の期間(11月前後の日柄の良い日)は、御祈祷の入口と出口が異なります。
靴入れ用のビニール袋を設けておりますので、受付入り口より靴はご自身でお持ち願います。
◆消毒液を各所に設置しておりますのでご利用下さい。
受付入り口や本殿へ向かう際にも、アルコール消毒液を設置しております。
◆神社の祭典・年中行事や前のご祈祷がある場合は少々お待ち戴きます。ご了承下さい。
◆七五三期間中(9月末日〜12月末日頃)は都合が悪く参拝に来られない方でも、七五三祈祷を受け付けております。
但し期間外の場合、千歳飴や記念品の準備ができてないということがございますのでご了承下さい。







前ページ TOPページ 次ページ
HOMEページ


- Topics Board -